レインボー倶楽部について

コンセプト・特徴

 

病気や介護の心配なく、 楽しい人生の後半生をお過ごしください。

有限会社創健社 代表取締役 菊池寛一健康づくりの拠点を目ざし、当社はハード、ソフトの充実に、ここ十数年間、努力してまいりました。

この間、多くの方々から老後の不安、心配事のことなど見、聞きしてきました。

具体的には、老後の金銭面の不安や、単身の不測の事態、および老々介護への心配でした。これらの諸問題への処方箋として、当プラン(レインボー倶楽部構
想=終身利用型サービス付きシニアハウス)をご提案申し上げます。

花巻市は岩手県のほぼ中央に位置し、交通の便もよく、自然豊かな地で、自然災害も少なく、観光、温泉も楽しめるところです。

元気な時は、農業や、老人介護等のお仕事で収入を得、病気、不自由になった時は、いつでも協力医療機関、福祉施設とタイアップして対応する体制を整えて
おります。

是非、ご検討下さいますよう、ご案内申し上げます。

有限会社 創建舎
代表取締役 菊池 寛一

自然に恵まれた花巻で、 長く元気な暮らしをご提案します。医療法人 中庸会 理事長 似内 裕

医療は単に病人の治療だけではなく、悩める人の相談相手としての役割が大切であるとの思いで、30 数年地域医療を行ってまいりました。

その過程で、健康づくりも、老人福祉も大切であり、保険医療のほか、予防医療、老健施設の運営にも係わってきました。

このたび、有限会社創健舎によるレインボー倶楽部の創設にあたってはその内容に賛同し、医療、老人福祉の面で全面的にバックアップしながら、私と同世代
を中心とした都会の一人暮し、あるいはご夫婦と一緒に、宮沢賢治のふるさとでもある岩手県花巻市において、生涯お過ごしいただけるよう、コミュニティー作
りに努力したいと発意した次第です。

ご検討の程、お願い申し上げます。

医療法人 中庸会
理事長 似内 裕


大都市における、いわゆる団塊世代の老後の受け皿づくりは、今後、地方都市の使命であると考えます。

特に、高まる医療と介護のニーズへの対応は重要で人生の後半期を、余裕をもって生きがいを感じながら過ごすことが出来れば理想的であろうと思います。

このたび、提案を受けましたこのレインボー倶楽部構想(生涯利用型コミニュティー)は、まさに、その嚆矢となりうるプランであると思われます。

これからの全国における空き家対策との関連においても一つの試みとして評価したい。

高い関心をもちながら、この構想の発展を期待しております。

岩手県議会議員
佐々木 順一